Tokai Azumi Techno

高精度かつ短納期対応

独自の工程設計による短納期対応

受注後、製品の3Dデータと図面をもとに、加工工程の設計を行います。技術者、加工方法、加工条件、技術要求レベル、寸法公差など、製品加工に伴う条件を最適化し、精度や品質を維持して、設定納期を厳守します。

工程設計の特徴として、受注順の納期設定ではなく、受注製品の加工工程、形状に合わせて納期設定を行っています。そのため、急な特急オーダーにも柔軟に対応が可能です。

室温管理された工場内での24時間稼動

当社では、工場内の室温管理を±1 以内に管理しています。高品質かつ寸法許容値を厳守するため、室温の変化による機械や製品の歪みなどを最小限に抑えています。

特に精度要求が高い製品については、人の出入りが少なく室温が一層安定する時間に加工を行っています。
また、24時間稼動で製造を行うことで、納期の短縮に貢献しています。